PRINT

ダブルフォーミング包装

液剤・外用剤の使いきり包装

ダブルフォーミング包装は、内服薬や外用薬など、液剤の使いきり包装で開けやすく、本体をワンプッシュすることで内用液を取り出すことができます。アルミフィルム包装であるため、液剤の品質保持にも役立ちます。

特長

ダブルフォーミング包装は、一回服用量を使い切りできる(ワンドーズパック)ため、処方時に定量が不要で、両面アルミフィルムにより、ガスバリア性(酸素等)や遮光性など、製品の品質保護に優れています。また、開封口が一目でわかるため開けやすく、手のひらサイズで携帯しやすいのも特長です。

用途・実績

  • ガラス瓶等から定量処方している内用液剤
  • 要遮光内用液剤
  • 液剤の携帯包装
  • うがい薬など
  • スティック包装と差別化を図りたい場合
  • 注射剤以外でアンプル包装の液剤(医療過誤防止)
TOP