PRINT

社員インタビュー

品質本部 薬制安全部
2012年入社 薬学科

入社のきっかけ

大学のカリキュラムの一環として、病院・薬局実習を経験し、多くの患者さまや医薬品に接する機会がありました。その中で経験(または実感)したことは、病気で困っている患者さまは、薬を服用する際にも敏感で、においや味、見た目などが普段と違うと不安に感じてしまうということです。
健康に不安を抱えている人々が安心して薬を服用できるよう、よりよい品質の製品をお届けしたいという思いから、製薬企業を志望しました。数ある製薬企業の中でサンノーバに入社したきっかけは、子供の頃から愛用していた医薬品が当社の製品だったことと、実家から職場が近かったことです。

現在の仕事

入社当初、私は製造現場に配属され医薬品の製造に直接携わっていました。現在は、薬制安全部という部署で、薬事関係法令に係る手続きを行う仕事をしています。
医薬品は、人の生命や健康に直接影響します。そのため、当局からの許可なく医薬品の製造や販売を実施することは禁止されており、厚生労働大臣の製造販売承認を取得した製品のみ製造販売をすることができるようになります。
私の仕事は、会社の窓口として、新しい医薬品や改良された医薬品の申請や様々な届出などの薬事手続きを行い、サンノーバが医薬品の製造販売を維持・継続できるようにすることです。

達成感、やりがいを感じた瞬間

製造工程を担当していた頃は、自分が直接製造に携わった医薬品が患者さまに届けられるということに喜びを感じていました。現在は、薬事申請業務を通して、サンノーバが医薬品を製造し続けることができるようにするという重大な責務を果たしていることにやりがいを感じています。
また、薬事申請業務は、経験を積むことで確実にスキルアップできるため、自己成長という面でもやりがいのある仕事だと実感しています。

今後チャレンジしてみたいこと

薬事関連業務は様々な業務の関係しており、コンプライアンス(法令順守)に直結しています。そのため、他の部署から相談を受ける際にも、薬制安全部としての見解を求められることがあります。私は、お互いが満足できる薬事手続きを法的根拠に基づいて提案できるようになりたいと思っています。多くの実践を積んで個人のスキルを向上させ、得られた知識と経験を活かして、薬事関係のエキスパートとして部署内外関係なく頼られるような人財になることが、私の目標です。

学生へのメッセージ

製薬企業は、医薬品を通じて人々の健康や生活を支えることができる、やりがいと誇りを感じられる仕事です。当社は、福利厚生がしっかりしているため、仕事とプライベートを両立する上でも働きやすい環境です。
就職活動では、自分自身とよく向きあい、これから進んでいきたい方向をしっかりと認識することが大切です。自分が仕事に何を求め、何を重視するのか、どんな生き方をしていきたいのかをよく考え、自分に合った会社を見つけてください。皆様と一緒に働けることを楽しみにしています。

オフタイムな私

日々、子育てに奮闘中です。
2年間の育児休暇を経て職場復帰し、現在は育児時間(短時間勤務)を取得して、仕事と子育てを両立しています。長期の産休・育休を取得した上で復職した私を、温かく迎えてくれた会社・職場の皆様には、本当に感謝しています。現在は、職場の人の理解と家族の協力のもと、慌ただしくも充実した毎日を送っています。

TOP