PRINT

社員インタビュー

生産本部 包装部
2019年入社 工学部 生物資源学科

入社のきっかけ

私は就職活動をしていく中で、製品が製造販売されることで社会や消費者の生活を豊かにすることができる製造業に興味を抱きました。その中でも特に人々の健康に関与する医薬品の製造を仕事にしたいと思いました。サンノーバでは入社してからしばらくの間、先輩社員がマンツーマンで指導してくださるので、製造業の経験がなくても安心して仕事に取り組めると思いました。また、転勤がないことや福利厚生の充実、有給休暇平均取得日数の多さなどからプライベートも充実できることに魅力を感じました。

現在の仕事

私が担当している業務は、医薬品を包装する製造ラインの機械オペレーターです。私の職場には包装の種類ごとに複数の製造ラインがありますが、私はその中の2つの製造ラインの機械オペレーターとして医薬品包装作業に従事しています。オペレーターの主な業務は機械の操作、医薬品の投入、包装材料のセット、製品品質の確認など、多岐にわたります。また、安定生産をしていく上で、自分がするべきことの優先順位を考えて行動することが求められます。患者さまにとって安心して安全に服用できる医薬品を確実に提供できるよう仕事に取り組んでいます。

達成感、やりがいを感じた瞬間

私がやりがいを感じるのは、品質の高い医薬品を安定して製造するために充填機械の調整や修理にチャレンジし、扱える範囲が日々広がっていくことで自身の成長を感じたときです。大学では応用生化学を専攻しており、充填機械を操作することはありませんでした。しかし、独り立ちできるよう先輩方がしっかり指導してくださるので、入社以降は主に充填機械のオペレーションに従事し、今では毎日機械を操作して医薬品を製造しています。また、包装部では1個の製品を造りあげるために多くの人が携わっています。その一翼を担って医薬品を製造していることに達成感があります。

今後チャレンジしてみたいこと

私が今チャレンジしたいことは、後輩が立派に独り立ちできるよう指導し、共に成長していくことです。私は入社してから多くの先輩社員の方々に仕事のノウハウや考え方など、多くのことを教えていただきました。先輩方は私のために優しく、時に厳しく、正確に指導してくださいました。そんな先輩方は私にとって目標であり、今でも憧れの存在です。入社して2年目になり、任される業務も増えてきました。まだまだ覚えることは多いですが、憧れの先輩方に少しでも近づけるよう日々勉強しています。

学生へのメッセージ

私は大学時代にアメリカンフットボール部に所属していました。高校時代は部活動に所属していなかったこともあり、練習がきつくツライと感じることもありました。しかし、諦めずに努力し、仲間たちと困難を乗り越えていく経験ができたことは一生の宝物です。社会人になって大変な思いもありますが、大学4年間に仲間たちと全力で取り組んできたことを糧に日々努力しています。時間はあっという間に過ぎていきますが、取り戻すことはできません。残り少ない学生生活を後悔のないよう全力で過ごし、今周りにいる人たちとの時間を大切にしてほしいと思います。

オフタイムな私

社会人になっても休日にアメフト続けています。

TOP