PRINT

社員インタビュー

生産本部 生産推進部
2012年入社 機械工学科

入社のきっかけ

知人から当社の求人情報を紹介され、腕試しのつもりでエントリーしたのがきっかけです。大学在学中は主に機械設計を学んでいたため、就職活動では自動車業界をはじめとする機械系の製造業を志望していました。そのため、当初は医薬品に対する知識も何もない状態でしたが、企業研究を進めるうちに医薬品がもたらす社会貢献としての側面にひかれていきました。畑違いの分野に進むことに多少の不安はあったものの、自分が携わった医薬品が多くの患者さまの笑顔につながる未来を思い描き入社を決めました。

現在の仕事

現在の部署では、製剤の品質向上・安定生産やコスト削減に向けた改良業務に取り組んでいます。既存の製造方法や原材料を見直しながら検討を重ね、生産現場で高品質な医薬品を安定供給することができる環境、手順を整えるのが私達の役目です。
検討の際は、直面している課題に対して組織の隔たりなく知識・技術を集結し、仮説を立案します。
まずはビーカースケールから検証を始め、品質試験と評価を繰り返しながら実生産規模までスケールアップしていきます。医薬品は患者さまの生命や健康に直結するということを常に念頭に置き、最終的に改良製法を実生産に適用する際には長期的な安定性を含めて2重3重に品質チェックを実施し、安全性・安定性を確保するよう徹底しています。
業務の性質上、関係各署の方々と円滑に連携する必要があるため、コミュニケーション能力が鍛えられたように感じます。

達成感、やりがいを感じた瞬間

検討テーマによって業務の進め方や解決方法が違うため、毎回手探りで苦労することもありますが、その分、新鮮な発見も多く自身の成長につながっていることを実感できます。
また、自ら立案した仮説の検証結果が想定通りの成績を示し、各種の品質チェックをクリアした結果、正式に改善製法が適用された時には他には代えがたい達成感を感じます。

今後チャレンジしてみたいこと

私の部署は大きく分けると「製剤技術」と「包装技術」の2つに分かれています。これまで私は医薬品そのものを造る製剤部分を担当してきましたが、医薬品を世の中にお届けするには保管や輸送時の安定性を担保する包装は欠かせません。今後は包装技術の知見を深めることで、製剤・包装を幅広くカバーできる「製造技術者」として活躍したいと考えています。

学生へのメッセージ

医薬品製造業は人々の健康に寄り添う重要な職業です。求められる社会的責任も大きいため大変なこともありますが、私は自分が造る一錠一包の医薬品が、患者さまの笑顔や安心につながることに誇りを持っています。
長い人生、多かれ少なかれ苦労や失敗にぶつかることもあります。そんな時、自分の仕事に誇りを持っていれば大抵のことは乗り越えられます。
就職活動中は何かと思い悩むことも多いと思いますが、そんな時は是非、その仕事に「誇り」が持てそうか(持ちたいと思うか)考えてみてください。
同じ志を持った仲間と一緒に働ける日を楽しみにしています。

オフタイムな私

プライベートでは地元のお祭り団体に所属し、小学生から大人までを指導する立場として活動しています。毎年お祭りの時期になると連日練習続きで忙しくなりますが、フレックスタイム制度を活用してワークライフバランスを保ちながら活動することができています。

TOP