PRINT

社員インタビュー

経営戦略本部 CMC開発部
2014年入社 工学研究科 卒業

入社のきっかけ

私は学生時代に、「学んだことを活かせる仕事をしたい、人の役に立てる仕事をしたい」、「地元で働きたい」という想いがありました。サンノーバは私の想いと一致していたため、入社を決意しました。

現在の仕事

私は、主に新製品開発業務に携わっています。生産現場で高品質の医薬品を安定生産・安定供給することを目的とし、その技術を確立しています。小スケールから試作し、中スケール、生産スケールで検証する中で製剤特性を評価します。サンノーバは多くの生産機器と実験機器があるため、様々な検討の実験ができ、豊富な知識と技術が身に付きます。
また新製品開発だけでなく、コスト削減や品質向上に向けた現製品の改善等、幅広い業務に取り組んでいます。この成果を発表する場もあり、他部署の方々と情報を共有化することで、自分の業務に応用できます。

達成感、やりがいを感じた瞬間

実験の結果を想定し、仮説をたて検討項目等を考え、実際に予想通りの結果が得られたときや突発的な業務に対し自組織のメンバーと協力し合い、スピーディーに対応できたときにやりがいを感じています。

今後チャレンジしてみたいこと

現在、製剤開発の技術者として、日々勉強しながら業務にあたっています。しかし製剤だけでなく、包装や分析について学ぶことで、自分の視野を広げ、業務をよりフレキシブルにこなせる人財になりたいと考えています。このような人財を目指し、薬を必要としている患者様に1日でも早く提供できるように努めていきたいと考えています。

学生へのメッセージ

私は学生時代に、「学んだことを活かせる仕事をしたい、人の役に立てる仕事をしたい」と考え就職活動をしました。世の中には様々な方法で人の役に立てる仕事がありますが、医薬品製造は特に人の生命に関わる重要な仕事です。その分責任も重くなりますが、だからこそやりがいを持つことができ、日々精進しようとやる気が出ます。就職はゴールではなく、スタートです。どんな仕事であってもやりがいや目標を持つことが大切だと考えています。新たな仲間(皆様)と一緒に働けることを心より楽しみにしています。

オフタイムな私

育児休業も取得し、子育て没頭中です。当社は育児時間制度もあるので業務を調整しつつ、家族サービスとのメリハリをつけています。

TOP