PRINT

環境保全活動・労働安全衛生

当社は、安全および環境のマネジメントシステムを経営の軸に組み込み、それぞれ方針を定めて社内活動を展開し、地域社会との共生を図ります。

環境方針

サンノーバ株式会社は、人々の健康と心豊かな生活に貢献することを社の理念として事業活動を展開している。同時に社会的な存在として、環境マネジメントシステムを継続的に維持・改善し、地球環境保護を推進する。このために、以下の方針を定める。

  1. 環境マネジメントシステムを適切に運用し、継続的に改善する
  2. 事業活動による環境汚染を予防し、省エネ・省資源活動を推進する
  3. 環境関連法規等を順守する
  4. 環境保全目標を定期的に見直し、これを達成する
  5. 従業員は意識を高め、一人ひとりが環境保全に努める

この環境方針は全従業員に周知徹底すると共に、一般に公開する。

認証マーク

労働安全衛生方針

サンノーバ株式会社は、人々の健康と心豊かな生活に貢献することを社の理念として事業活動を展開している。同時に社会的な存在として、労働災害を防止するための措置を徹底し、快適な職場環境の実現と労働条件の改善を通じて、従業員の安全と健康を確保する。このために、以下の方針を定める。

  1. 労働安全衛生マネジメントシステムを適切に運用し、継続的に改善する
  2. 快適な作業環境を維持し、負傷・疾病を予防し、ゼロ災を追求する
  3. 労働安全衛生法規等を順守する
  4. 労働安全衛生目標を定期的に見直し、これを達成する
  5. 従業員は意識を高め、一人ひとりが労働安全衛生の確保と向上に努める

この労働安全衛生方針は全従業員に周知徹底すると共に、一般に公開する。

環境保全活動

環境方針のもと、「省エネ」「省資源」を含めた目標を定めて事業計画書に組み込み、全社に活動を展開しています。

省エネ、省資源活動

当社は、環境省が提唱する「クールチョイス運動」に賛同しています。「クールチョイス」とは、省エネ・低炭素型の製品への買換・サービスの利用、ライフスタイルの転換など、地球温暖化防止対策に資する「賢い選択」を促す国民運動です。また、当社の所在地である太田市でも、クールチョイス運動の普及に向けて、市民・事業者・市の協働により、クールビズ・ウォームビズの啓発、省エネ機器の導入推進、エコドライブ、ごみ減量の促進などの活動を展開しています。当社は「クールチョイス チーム太田」の一員として、通勤時のCO2削減の一環として「エコドライブ運動」や適切な室温管理(冬20℃、夏28℃)、一斉退社日の設定等による省エネ推進、適正な廃棄物の分別促進による廃棄物削減等、従業員一人一人がライフスタイルの中で「クールチョイス(賢い選択)」を考えて行動しています。

省エネ活動は、積極的に地球環境問題に取り組み、重油から都市ガスへの燃料転換や、省エネ機器の導入、節電対策を通じて二酸化炭素排出量削減に向けた活動を展開しています。エアコンの稼動を夏場は室温28℃以上、冬場は室温20℃以下を徹底し、「不要な電気はこまめに消す」を心がけています。また、中央監視システムでエネルギーを集中管理し効率の良い運転で省エネに努めています。

省資源活動は、事業活動に伴って排出される廃棄物のリサイクル化を推進しています。リサイクル率向上のために「紙類」「ポリ袋類(PE)」「ゴム手袋」など容器を細かく分類し、従業員一人ひとりの分別意識向上に取組んでいます。

環境ボランティア活動

2017年度より、群馬県主催の「森林ボランティア体験会」に参画しています。本体験会は、行政とNPOや一般企業、県民が一体となって進める森林ボランティア活動のスタートとなるもので、県内の豊かな森林資源を保護する事が目的です。第1回目、2回目の体験会は、実際に刈り払い機やチェーンソーなどを使用して森林整備技術を学びました。今後も体験会を通して、生物多様性保全や循環型社会の実現について学び、県の環境保全活動を支援していきます。

排水処理

排水処理施設は工場内のすべての廃水を1カ所に集め、活性汚泥法「好気的な微生物に汚濁物質を分解させ浄化する方式」で処理をしています。1日に最大で300m2の処理能力があります。また処理水は沈殿槽で静置後、砂ろ過・活性炭濾過後、薬品による殺菌処理を施し、規制値をクリアーした排水を放流しています。

労働安全衛生

労働安全衛生の取り組み

労働災害・通勤途上事故ゼロ活動の展開

従業員の安全第一を企業活動の根底に置き、安全の諸活動を展開し、労働災害ゼロを継続しています。安全活動としては「安全パトロール」「作業前の一人KY活動」「HHK活動の推進」「5Sの実践」等によって危険の芽を摘み取る活動をしています。さらに、「安全の日(毎月第三月曜日)」を設定し、労災防止に取組んでいます。
また、通勤途上の事故ゼロの活動は、時間と心にゆとりを持った「ゆとり運転」や、安全車間距離保持「0102(ゼロイチゼロニ)運動」を展開しています。

労働衛生の充実

従業員の健康の確保と快適な職場づくりを目指し「産業医や衛生管理者のパトロール」「作業環境測定」「各種健康診断の受診」などの活動しています。また、メンタルヘルス対策として「過重労働による健康障害防止対策」「メンタルヘルスチェック」「職場復帰支援」などの体制が確立しています。

緊急事態への対応

緊急事態に備え、「年4回の消防・避難訓練」および「安否確認システムを活用した報告訓練」をしています。また、「ガス漏れ」や「原料の飛散」など緊急時を想定した対応訓練をしています。

TOP