PRINT

歴史・沿革

1923年 医薬品の開発と製造を目的に三生製薬株式会社として創業
1933年 一粒肝油「ハリバ」生産で飛躍
1965年 エーザイ株式会社が資本参加し、エーザイ医薬品の生産を開始
1986年 独自開発品の鉄欠乏性貧血治療剤をエーザイ株式会社より新発売
1989年 エーザイ株式会社より、受託生産品の製造承認を承継
1996年 増資により商法上の大会社に移行
1997年 ・エルメッド エーザイ株式会社が発売するバリアフリー製剤の生産を開始
・エーザイ株式会社より、液剤、軟膏剤、クリームの製造承認を承継
1998年 本社機能を群馬県太田市世良田町(旧:新田郡尾島町)に移設
1999年 ・群馬県太田市世良田町(旧:新田郡尾島町)にすべての機能を集約完了
・社名をサンノーバ株式会社に変更
2001年 ISO14001取得
2004年 新排水処理施設
2016年 アルフレッサ ホールディングス株式会社の完全子会社となる

社名の由来

サンノーバは、英文名でSANNOVAと書きます。

SANには、旧社名の三生(SANSHO)や、太陽(SUN)が燦々(SANSAN)と輝く、
健康(SANITAS)などの意味が含まれています。
これに新しい星を意味するNOVAを組み合わせ、さらにOVER(超える)の発音を加えました。
すなわち「三生を超える新しい星」となることを願い、発展と変革への
意志を込めて、新社名としたものです。

シンボルマークは「S」を基調にしました。
無限大(∞)も表し、将来への広がりを示しています。

TOP