ホーム > 安全・環境への配慮 > 労働安全衛生活動

 

労働安全衛生活動

労働安全衛生方針のもと、毎年目標を定めて事業計画書に組み込み、全社活動を展開しています。常に働く人々の安全な環境を整え、健康管理を含めて人に優しい工夫を重ねています。

消防訓練の様子

1)労働災害・通勤途上事故ゼロ活動の展開

当社で働く従業員の安全を確保するため、管理者のパトロール、作業前の安全確認、社内・社外研修の受講、ヒヤリ・ハット・気がかり報告(HHK)活動の推進、リスクアセスメントの充実等によって危険の芽を摘み取り、安全第一の諸活動を展開しています。また通勤途上の事故削減に向けて、いつもより10分早く家を出る「ゆとり出勤」運動や、安全車間距離保持「0102(ゼロイチゼロニ)運動」を展開しています。

2)法令対応

法令に準拠した公的管理者を定め、管理を徹底しています。また、改正法令にも随時対応し、社内整備作りに努めています。

3)労働衛生活動の充実

当社で働く従業員の労働衛生面の充実を図るため、産業医や衛生管理者のパトロールによる作業環境管理、各種健康診断の受診による健康管理を行っています。また、メンタル面の対応として、過重労働勤務者への対応や、職場復帰のサポート体制も確立しています。

4)事故・緊急事態への対応

就業中の事故や緊急事態に備え、当社は、年2回の消防・避難訓練や、個別の緊急事態対応訓練を実施しています。