ホーム > 安全・環境への配慮 > 環境保全活動

 

環境保全活動

環境方針のもと、「省エネ」「省資源」を含めた目標を定めて事業計画書に組み込み、全社に活動を展開しています。

1)省エネ活動

当社は、積極的に地球環境問題に取り組み、重油から都市ガスへの燃料転換や、省エネ機器の導入、節電対策を通じて二酸化炭素排出量削減に向けた活動を展開しています。社内ではエアコンの稼動を夏場は室温28℃以上、冬場は室温20℃以下を徹底し、「不要なコンセントや電気はこまめに消す」を心がけています。

2)法令対応

当社は環境基準、及び地域の公害防止協定を遵守するため、より厳しい自主管理基準値を設定し管理しています。特に工場内の廃水は全て排水処理場にて適切に処理し、清浄化した水を放流しています。異常値が検出された場合、放流口が遮断する制御を取り入れており、異常が検出された排水が社外へ出ることはありません。

3)省資源活動

事業活動で使用する資源は、環境配慮型のものを選択し、廃棄物の発生を抑制しています。また、活動に伴って排出される廃棄物は、2005年度に全ての廃棄物のリサイクル化(ゼロエミッション)を実現し、マニフェスト伝票により適切に処理されていることを確認しています。現在は、廃棄物の有効利用を図るため、有価物化の検討を積極的に展開しています。

4)事故・緊急事態への対応

万一の環境事故に備え、環境事故・緊急事態を想定した訓練を毎年実施しています。

排水処理場省エネ活動(室温での管理)